ジョグボーイ1.4

ジョグボーイ1.4へのバージョンアップのお知らせです!
アップストアはこちら

バージョンアップの内容

  • トレーニング中にカメラ撮影可能になりました!コメントをつけてツイートすることも可能です!
  • トレーニング終了時のツイートでルート地図へのリンクをツイートできるようになりました!
  • twitterのoAuth認証に対応しました。ツイート時の401エラーが解消されます。
  • トレーニング中にメモリーエラーが発生した場合、そこまでの計測データーを保存するようにしました。メモリーエラーでハングアップした場合でもジョグボーイを再起動することでトレーニングの途中から計測が可能になります。
  • ツイート先の初期設定を「JogNote」から「指定なし」に変更しました。

カメラ撮影機能に関係する画面

カメラ撮影について詳しくはこちらをご参照ください。
ルート地図リンクのツイートについて詳しくはこちらをご参照ください。

カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。

ジョグボーイでツイートに失敗する問題

9月1日の午前9時からジョグボーイからのツイートが403または401エラーで失敗しています。
これは、TwitterのBasic認証が9月1日で終了になるにもかかわらず、ジョグボーイでBasic認証によりTwitterへログインしているためです。
Basic認証からoAuth認証へ対応しておく必要があったのですが、対応が遅れてしまい、本日8月31日にようやく対応版のバージョン1.4をアップストアへ申請できた状態です。
審査に通過してアップストアに公開されるのは9月8~10日(9月14日にようやく公開されました!)ごろになると思われます。
ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません。

バージョン1.4にアップデート後、再度ツイートしていだくことで、それまでツイートに失敗したログに関してもツイート可能になります。

カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。

あと何分? 1.2

あと何分?1.2へのバージョンアップのお知らせです!
アップストアはこちら

バージョンアップの内容

  • 通知時間を1分から99分前の範囲で設定できるようになりました。
  • 通知メッセージの表示をタップして起動したときにアラーム音を止めるようにしました。
  • 画面レイアウトがくずれる問題に対応しました

通知時間の設定について

目的の時刻から1~99分前の範囲で通知時間を設定できるようになりました。
iPhone4の画面を例に以下に設定手順を記します。

設定手順

  • 「あと何分?」を起動して目的のタイマーを表示します
  • 時刻表示([6時45分まであと]の部分)をタップして[お知らせ時刻設定]を開きます
  • [編集]ボタンをタップします。[?分前通知]のチェックがボタンに切り替わります
  • 変更したい分のボタンをタップすると[分設定]画面が表示されます。ここでは[5分前通知]をタップします。
  • 分を選択して[完了]ボタンをタップします。ここでは[10分前通知]を選択します

  • [5分前通知]が[10分前通知]になりました。タップしてチェックのついた状態にすると、設定時刻の10分前に通知されます。

カテゴリー: あと何分? | コメントは受け付けていません。

ジョグボーイ1.3

ジョグボーイ1.3へのバージョンアップのお知らせです!
アップストアはこちら

バージョンアップの内容

  • フリー版のログを有償版のジョグボーイへ引継げるようになりました。
  • jogmemoへのツイートに対応しました。
  • JogNoteやjogmemoへのツイートがフォロワーのタイムラインにも表示されるようになりました。
  • ダイレクトメッセージによるツイートは未サポートになりました。

ログの引継ぎについて

「ジョグボーイ フリー」から有償版の「ジョグボーイ」へアップグレードいただいたとき、これまでフリー版で蓄積したログを有償版へ引継ぐことができるようになりました。

ログの引継ぎ手順

  • 「ジョグボーイ フリー」を起動して[設定]タブをタップします
  • [設定]画面の[ログデータを引継]をタップします
  • 確認メッセージが表示されるので[はい]をタップしてログデータをペーストボードへ保存します
  • ログデータの保存が完了したことが表示されたら、「ジョグボーイ フリー」を終了して、有償版の「ジョグボーイ」を起動します
  • 起動時に引継ぎを開始するメッセージが表示されるので[はい]をタップして引継ぎを開始します

以上で引継ぎ完了です。引継がれるログは有償版の「ジョグボーイ」には存在しないログになります。従って、再度同じ手順を行った場合、引継がれるログは0件になります。

ツイートについて

これまで[JogNoteへツイート]だったのを[ツイート]に変更しています。
設定により、JogNoteへツイートするだけでなく、jogmemoへもツイートできるようになりました。
また、ツイート先を指定しないでツイートすることや、ハッシュタグの指定が可能になりました。

設定

  • 「ジョグボーイ」を起動して[設定]タブをタップします
  • [Twitterユーザー名]と[Twitterパスワード]を入力します。
    [自動ツイート]を[オン]にするとトレーニング終了と同時にツイートされます。

  • [ツイート先]をタップすると[ツイート先設定]画面になります
  • [JogNote]へツイートを[オン]にすると[JogNote]へツイートされます。[jogmemo]へツイートを[オン]にすると[jogmemo]へツイートされます。

    両方とも[オフ]にするとツイート先(返信先)は指定しないでツイートされます。

    [ハッシュタグなど]に入力した文字列はツイートメッセージの先頭に付加されます。ここにハッシュタグを入力しておくと[JogNote]や[jogmemo]へツイートする場合でも、フォロワーのタイムラインにもツイートが表示されるようになります。

ツイート

「自動ツイート」が「オフ」の場合は、以下の手順で手動でツイートできます。

  • 「ログ」タブをタップしログ一覧画面を表示します。
  • ログ一覧画面でログを選択しトレーニング結果画面を表示します。
  • トレーニング結果画面の右上の「編集」ボタンをタップして編集画面を表示します。
  • 編集画面の上部にある「ツイート」ボタンをタップします。すでに一度ツイートしている場合、このボタンのタイトルは「再度ツイート(前回成功)」または「再度ツイート(前回失敗)」となります。
    (前回成功)はツイートに成功して、(前回失敗)はツイートに失敗していることを示します。
  • 確認画面が表示されるので、「はい」をタップするとツイートされます

ツイートされる内容

JogNoteへツイートする場合は、
[日付][種目(ラン、バイク、ウォーク)][距離][タイム][日記]
がツイートされます。
それ以外は、
[距離][タイム][日記]
がツイートされます。

[日記]は[編集]画面の[メモ]に入力した値になります。
[メモ]が空白の場合は、トレーニング開始時に選択したトレーニングの名前とトレーニング終了時に選択した[運動強度]になります。

カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。

誕生日のお知らせ

誕生日のお知らせ

「誕生日のお知らせ」はiPhoneの連絡先と連動して誕生日までの残り日数を一覧表示するiOS4専用のアプリです。
誕生日当日や数日前になるとアプリを終了していてもアラートメッセージでお知らせします。

AppStore

使い方

「誕生日のお知らせ」の使い方を説明します。

  • 「誕生日のお知らせ」を起動します。

  • 起動するとiPhoneの連絡先を読み取り、誕生日が間近な人から順に残り日数を一覧表示します。
    誕生日が設定されている人だけが表示されます。
    一覧に追加するには、画面右上の追加をタップして連絡先を選択して誕生日を設定します。
    誕生日の設定を削除すると一覧から消去されます。

  • 情報画面

  • 一覧画面でセルをタップすると、情報画面になります。
    画面右上の「編集」をタップすると連絡先を編集できます。
    画面左上の「閉じる」をタップすると一覧画面に戻ります。

  • 通知設定

  • 画面右下の設定タブをタップすると、通知設定画面になります。
    誕生日当日から10日前までの範囲で通知と予備通知の2つ設定できます。

    本製品への問い合わせやご要望はこちらへご連絡ください。
カテゴリー: アプリ | コメントは受け付けていません。

あと何日?

あと何日?

「あと何日?」はiPhoneのカレンダーと連動してイベントまでの残り日数を一覧表示するiOS4専用のアプリです。

「仕事」「行事」「私用」「目標」の4種類のカテゴリにイベントを分類でき、それぞれのカテゴリごとにイベントの残り日数を一覧で確認できます。

AppStore

使い方

「あと何日?」の使い方を説明します。

  • 「あと何日?」を起動します。
  • 起動するとiPhoneのカレンダーからイベントを読み取り、間近なイベントから順に残り日数を一覧表示します。
    過去のイベントは表示されません。

  • カテゴリにイベントを分類

  • 一覧画面でセルをタップすると、対応するイベントの詳細画面になります。
    画面下部の「仕事」「行事」「私用」「目標」をタップするとタップしたカテゴリに分類され背景色が分類されたカテゴリの色に変わります。
    画面右上の「編集」をタップするとイベントを編集できます。
    画面左上の「閉じる」をタップすると一覧画面に戻ります。

  • カテゴリごとの一覧

  • カテゴリにイベントを分類した後に、一覧画面でカテゴリに対応するタブをタップすると、そのカテゴリごとにイベントの残り日数を一覧で確認できます。

  • イベントの追加

  • 一覧画面で右上のプラスアイコンをタップするとイベントを追加できます。
    追加したイベントはiPhoneのカレンダーと連動します。

  • ランドスケープ表示


  • iPhoneを横に向ける(ホームボタンが右か左にくるようにして画面を地面にたいして垂直にたてるようにします)とランドスケープ表示になります。
    もとの縦表示に戻すには、iPhoneを縦に向けます(ホームボタンが上か下にくるようにして画面を地面にたいして垂直にたてるようにします)。

本製品への問い合わせやご要望はこちらへご連絡ください。
カテゴリー: アプリ | コメントは受け付けていません。

ジョグボーイ 1.2

ジョグボーイを1.2にバージョンアップしました!!アップストアはこちら

PCと連携して、ランニングルートを Google Earth で確認できるようになりました。

バージョンアップの内容

  • ランニングルート情報をメールでPCへ送信できるようになりました。
  • ランニングルート情報をオンラインストレージのDropboxへアップできるようになりました。(ジョグボーイ フリーは未対応)
  • ジョグボーイの紹介を追加しました。(ジョグボーイ フリーのみ)
  • ラップタイム時のサウンドの音量を少し大きくしました。
  • 自動ツイートに設定している場合、ツイート後にスプリットタイムと消費カロリーが0になってしまう障害に対応しました。
  • グラフ表示で週単位で表示した場合、6月から記録していた場合に7月の画面に移動できない障害に対応しました。

PCとの連携について

ルート情報(kmzファイル)をメールでPCへ送信、またはDropbox(無料のオンラインストレージ)へアップロードできるようになりました。
Google Earth をインストールしているWindowsやMacから、転送されたルート情報(kmzファイル)をダブルクリックすると、ジョグボーイでトレーニングしたランニングルートを Google Earth で確認できます。

一回のトレーニングログが、一つのルート情報(kmzファイル)に対応し、ファイル名はトレーニング開始日時になります。

Dropboxへアップロードすると同じアカウントでDropboxをインストールしているWindowsやMacのローカルフォルダへ自動的にファイル転送されます。
Dropboxへのアップロード先は JogBoy サブフォルダになります。
ジョグボーイの[設定]の[Dropbox]で[自動アップロード]をオンにしておくと、トレーニング終了と同時にDropboxを経由してWindowsやMacの JogBoy サブフォルダへ転送され、便利にご利用いただけます。

Dropbox経由でWindowsとMacに転送されたときのルート情報ファイルの見え方

ルート情報の転送手順

  • ログを選択してトレーニング結果を表示します
  • 右上の[編集]をタップして編集画面を表示します
  • Dropboxへアップするときは、[ルート情報をDropboxへアップロード]をタップします
  • ジョグボーイから初めてDropboxへアップロードするときには、Dropboxとの接続(Link Account)画面が表示されます。
    ここで、Dropboxアカウントのメールアドレス(Email)とパスワード(Password)を入力して[Link]をタップします。
    Dropboxとの接続に成功するとルート情報(kmzファイル)がアップロードされます。
    次回からは、アカウント入力の必要なくアップロードされます。
    アップロードに成功すると、ボタンのタイトルは[ルート情報をDropboxへ再度アップ(前回成功)]となります。
    失敗すると、[ルート情報をDropboxへ再度アップ(前回失敗)]となります。

    Dropboxアカウントを取得していない場合は、Dropboxとの接続(Link Account)画面で、[Create an account] をタップしてアカウントを生成して下さい。
    または、WindowsやMacでDropboxをインストールしてDropboxのアカウントを取得して下さい。

  • メール送信するときは、[ルート情報をメール送信]をタップします
  • タップするとルート情報をメールで送信するための画面が表示されます。
    宛先を指定して送信して下さい。
    送信に成功すると、ボタンのタイトルは[ルート情報をメール再送信(前回成功)]となります。失敗すると、[ルート情報をメール再送信(前回失敗)]となります。

Dropbox設定

  • ジョグボーイ画面の右下の[設定]をタップして設定画面を表示します
  • Dropboxと接続/Dropboxとの接続解除
  • [Dropboxと接続]をタップするとDropboxへ接続するための[Link Account]画面が表示されます。
    ここで、Dropboxアカウントのメールアドレス(Email)とパスワード(Password)を入力して[Link]をタップします。
    Dropboxとの接続に成功するとボタンのタイトルは、[Dropboxとの接続解除]になります。
    いったんDropboxとの接続に成功すると接続状態は保持されて再度接続する必要はなくなります。
    Dropboxのアカウントを変更したい場合は、[Dropboxとの接続解除]をタップして、接続を解除してから再接続します。

  • 自動アップロード
  • オンにすると、トレーニング終了と同時にルート情報(kmzファイル)がDropboxのJogBoyサブフォルダにアップロードされます。

カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。

あと何分? 1.1

「あと何分?」をバージョンアップしました!
iOS4に対応してアプリを終了していてもアラームが鳴るようになりました。

アプリ終了中に設定時刻になると、アラーム音がなり、メッセージが表示されます。
アラーム音を停止するには、「閉じる」をタップします。


「表示」をタップすると、「あと何分?」が表示されます。
画面のどこかをタップするとアラーム音は停止します。


画面の時刻表示の辺りをタップすると、「お知らせ時刻設定」が表示されます。
「アラーム」のチェックをはずして「OK」をタップするとアラーム音は鳴らなくなり、アプリ終了中にメッセージが表示されることもなくなります。

カテゴリー: あと何分? | コメントは受け付けていません。

ジョグボーイでツイートするとタイムが消える問題対応

アップストアでご指摘いただいていた、Jognoteへツイートするとスプリットタイムとカロリーが0になってしまう件ですが、トレーニング終了と同時にJogNoteへ自動的にツイートする設定の場合に必ず発生していました^_^;
大変申し訳ありません。

修正版を7月29日にアップストアへ申請済みです。

最近の傾向ですと、申請後、はやくても7~8日間ぐらい審査に時間がかかるようです。
それまで申し訳ないのですが、自動ツイートの機能をオフにしてご利用願います。
オフにして、トレーニングの編集画面で[JogNoteへツイート]する場合は問題なくツイートできます。

自動ツイートをオフにするのは、ジョグボーイの[設定]の[JogNoteへツイート]の[自動ツイート]をオフにします。

今回バージョンも1.2にアップします。
バージョン1.2の詳細は後ほどお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。

ジョグボーイ 1.1

ジョグボーイをバージョンアップしました!!
7/18までにアップストアに公開される予定です。

これまで、トレーニング中に画面を消す(iPhone右上のスリープボタンを押す)とGPSによる計測が止まっていましたが、
今回のバージョンから、iPhone4またはiOS4のiPhone3GSでご利用の場合は、画面を消してもGPSの計測は継続できるようになりました。
これによりバッテリー消費が大幅に減りました。
2時間トレーニングして試したところ、これまで30%消費していたのが、画面を消した場合は16%の消費になりました。
(iPhone4で試しました。iOS4のiPhone3GSではまだ確認できていません。)

また、iOS4のマルチタスクに対応して、トレーニング中にカメラ撮影やiPod操作が可能になりました。

  1. トレーニング中にジョグボーイを終了
  2. カメラやiPodを起動して操作して終了
  3. ジョグボーイを再起動

という流れになるのですが、iOS4のマルチタスクの仕様でジョグボーイを終了してから再起動するまでの時間が10分以内であれば、GPSの計測が継続できます。
10分を超えた場合は、10分を超えた地点からジョグボーイ再起動までのGPS計測はされず、再起動後にGPS計測が再開されることになります。

その他、以下に対応しています。

  • ラップタイム計測後、5秒間ラップタイムを表示するようにしました。
    これまでラップタイム計測と同時に次のタイム表示になっていましたが、5秒間はラップタイムを表示してランニング中でも確認できるようにしました。
  • 地図表示領域の変更ボタンを大きくしてタップしやすいようにしました。
  • JSBM/一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会のイベント情報を表示できるようにしました。
  • グラフ表示で週の日付表示がおかしい問題に対応しました。
  • グラフ表示で距離とスピードの吹き出し表示がみえなくなる問題に対応しました。
  • トレーニング中にアプリ終了して再起動するとペース表示がおかしくなる問題に対応しました。
  • カラースキームとして、これまでの緑の他、ピンクと青を設定できるようにしました。(有償版のみ)
  • トレーニングのタイトルを自由に変更できるようにしています。(有償版のみ)
カテゴリー: ジョグボーイ | コメントは受け付けていません。