ジョグボーイ


ジョグボーイ

バージョンアップ情報

「ジョグボーイ」はiPhoneのGPS機能を利用してランニングやウォーキングを記録して管理するiPhoneアプリです。
お手軽に記録を残せることで日々楽しくランニングを継続できることを目指して開発しました。


AppStore


JSBM監修

使い方

トレーニングの記録方法と記録の確認方法について簡単に説明します。

  • ジョグボーイを起動します。
  • ジョグボーイ(有料版)の起動画面
    ジョグボーイ フリー の起動画面

    「トレーニングの選択」ボタンをタップして、「ジョグ」など、これから行うトレーニングを選択します。
    起動時には前回のトレーニングが選択された状態になります。
    初めて起動したときは、「ジョグ」が選択されています。
    有料版のジョグボーイの場合は、画面の色を変更できます。初期設定ではフリー版と同様に緑色なのですが、ここでは違いがわかりやすいように有料版固有の画面は青色設定のときの画面イメージを掲載します。

  • 「開始」ボタンをタップして、iPhoneを身につけたままトレーニングします。

  • 計測が開始され、画面の上半分に開始してからの時間(スプリットタイム)、距離、消費カロリー、ペースが表示されます。また画面の下半分にはトレーニングに設定されている距離や時間単位ごとの経過時間(ラップタイム)、距離、消費カロリー、ペースが表示されます。

  • トレーニング中に「カメラ」ボタンをタップすると(有料版のときのみ)
  • カメラ撮影できます。撮影した写真にコメントをつけて保存したり、その場でツイートすることができます。

  • トレーニング中に「地図」ボタンをタップすると
  • トレーニング開始してから現在の位置までのルートが地図上に表示されます。カメラ撮影している場合は、写真も表示されます。

  • トレーニング中に画面上部中央のiPodアイコンをタップすると(有料版のときのみ)
  • トレーニング中に再生する曲やピッチ音を選択できます。

  • トレーニング終了したところで「終了」ボタンをタップします。

  • トレーニングの強度に対応する顔アイコンを選択して、必要であればメモを記した後、
    「保存」ボタンをタップするとトレーニング記録が保存されます。
    「保存とツイート」ボタンをタップするとトレーニング記録が保存された後に保存内容がツイートされます。
    「記録しない」をタップすると確認画面が表示され、さらに「記録しない」をタップすると今回の記録は削除されます。
    ナビゲーションバーの「キャンセル」をタップすると元の計測に戻ります。

  • トレーニング終了して記録が保存されるとトレーニング結果が表示されます。

  • 画面上半分にはスプリットタイム、画面下半分にはラップタイムが表示されます。ラップタイムが複数とられているときには、ラップタイムの表示部分を横にドラッグすることでラップタイムが切り替わります。
    左上の「次のトレーニング」をタップすると、「トレーニング選択」画面となり次のトレーニングを選択して開始できます。

  • 画面下部の「ペース」ボタンをタップすると、1分ごとのペースが折れ線グラフで表示されます。
  • 「地図」ボタンをタップすると、ランニングしたルートが地図上に赤い線で表示されます。
    「地図」右上の矢印をタップすると地図の表示領域が切り替わります。

  • 赤いピンはスタートとゴール、緑のピンはラップタイムをとった地点を表します。また一時停止した地点には紫のピンが表示されます。カメラ撮影している場合は、写真も表示されます。

  • ジョグボーイ起動時の画面下部の「ログ」タブをタップするとトレーニング記録が一覧表示されます。

  • 一覧をタップするとトレーニング終了時と同様の画面が表示されます。

特徴

  • Googleカレンダーへ追加(有料版のみ)
  • トレーニングの結果をGoogleカレンダーで確認できるようになります。
    詳しくは、Googleカレンダーへ追加を参照ください。

  • 自動ツイート(有料版のみ)
  • マラソン大会での活用を想定して、スタートから10分毎に通過地点を自動ツイートすることができます。
    詳しくは、自動ツイートについてを参照ください。

  • カメラ撮影(有料版のみ)
  • トレーニング中に撮影して地図上に表示できます。その場でツイートすることも可能です。
    詳しくは、カメラ撮影についてを参照ください。

  • ルート地図のツイート(有料版のみ)
  • トレーニング終了時にトレーニングルート地図へのリンクをツイートできます。カメラ撮影している場合は、地図上で写真も確認できます。
    詳しくは、ツイートを参照ください。

  • iPodの曲を再生(有料版のみ)
  • トレーニング中にジョグボーイを停止しないでもiPodの曲を選択して再生することができます。
    詳しくは、音楽再生についてを参照ください。

  • ピッチ音再生(有料版のみ)
  • トレーニング中に100BPMから240BPMの範囲でピッチ音を再生することができます。
    一定のテンポでのランニングをサポートします。
    詳しくは、音楽再生についてを参照ください。

  • 心拍数の記録
  • トレーニング終了時の心拍数計測を支援する15秒タイマーを起動でき、心拍数を記録できます。
    平均心拍数の推移をグラフで確認することも可能です。
    詳しくは、トレーニング内容の保存を参照ください。

  • 自動ラップ
  • 設定した距離または時間が経過すると自動的にラップタイムがとられます。

  • ラップ時のサウンド通知
  • ラップタイムがとられるとサウンドで通知します。走りながら画面を確認しなくても、サウンド通知によりラップタイムがとられたことを認識できます。

  • JogNote、jogmemoとの連携
  • ジョグボーイで計測した距離やタイムをJogNoteやjogmemoに簡単に反映できます。
    詳しくは、JogNote、jogmemoとの連携についてを参照ください。

  • トレーニング結果の集計
  • トレーニング記録の距離とスピード、消費総カロリー、トレーニング終了時の平均心拍数を日、週、月単位で集計してグラフ表示できます。

    トレーニングは色で識別されます。
    また、トレーニングを指定して集計することもできるので、トレーニングのバリエーションを楽しめます。

  • 主観的な運動強度の表示
  • トレーニング終了に選択した主観的な運動強度をログ一覧でアイコンで確認できます。
    以下は、アイコンと運動強度との対応です。

    同じ距離を走っていても運動強度は軽く感じるようになったのか、
    また、同じ運動強度の感じ方で長い距離を走れるようになったのかなど成長の目安になります。

  • トレーニング中の操作ロック
  • トレーニング中にあやまって「終了」ボタンや「一時停止」ボタンをタップしないようにロックすることができます。

    トレーニング中画面左上の鍵アイコンをタップするとロックがかかります。
    ロックがかかっている状態では、画面下の矢印をスライドさせるとロックが解除されます。
    自動ロックの設定をしておくとトレーニング開始と同時に自動的にロックがかかります。

Googleカレンダーへ追加(有料版のみ)

トレーニングの結果をGoogleカレンダーに追加して、Googleカレンダー上で記録を確認できるようになります。
以下に設定方法を説明します。

  • 「設定」タブによる設定画面から「Googleカレンダー」をタップします。
  • Googleアカウントが設定されていない場合は「ログイン」をタップしてログイン画面を開きます。
  • Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします。

  • メールアドレスの “@google.com ” の部分は省略可能です。

  • ログインに成功すると「ログイン」ボタン部分にアカウント名が表示されます。
    • トレーニング終了時に自動追加
    • 「オン」にするとトレーニング終了時に記録が自動的にGoogleカレンダーに追加されます。
      「オフ」にしている場合は、トレーニング終了後に編集画面から追加できます。

    • アカウントの変更
    • 現在ログインしているGoogleアカウントがボタンに表示されます。ボタンをタップするとGoogleアカウントを変更できます。

    • カレンダーの選択
    • ログインしたGoogleアカウントに設定されているカレンダーが表示されます。複数のカレンダーがある場合は、トレーニングの結果を追加するカレンダーを選択できます。

    • ルート情報リンクを含める
    • 「オン」にすると、カレンダーに追加する内容にGoogleマップで表示可能なトレーニングルートへのリンクを含めます。
      ルート情報ファイルはDropboxにアップロードする必要があるので、「オン」にする場合には、「設定」画面でDropboxに接続する必要があります。

  • Googleカレンダーへの追加内容
    • タイトル
    • 距離、時間、トレーニング名、運動強度が表示されます。

    • 開始と終了日時
    • トレーニング開始日時と終了日時が表示されます。

    • 場所
    • トレーニング終了時の住所が表示されます。

    • 説明
    • メモに記した内容が表示されます。
      [ルート情報リンクを含める]設定にしている場合は、リンクも付加されます。

  • Googleカレンダーへの追加状態の確認

  • トレーニングの編集画面の「Googleカレンダーへ追加」ボタンに「前回成功」または「前回失敗」が表示されます。
    Googleカレンダー上のスケジュールと同期はしていなく、他のアプリやブラウザでこのスケジュールを削除してもジョグボーイ上の状態は変わりません。
    このボタンをタップするとGoogleカレンダーへトレーニング結果を追加します。
    すでに追加している場合は、同じトレーニング結果が重ねて追加されることになります。

自動ツイートについて(有料版のみ)

通過地点を自動的にツイートする機能です。
マラソン大会でスタートから10分ごとに自動的に通過地点をツイートすることが可能になります。

  • トレーニング画面(起動時の画面)には自動ツイートが設定されているか表示されます

  • 自動ツイートしない設定の場合は、「自動ツイート – なし」と表示されます。
    自動ツイートする設定の場合は、「自動ツイート – **分毎にツイート」と表示されます。
    この表示部分をタップするとトレーニングの設定画面が表示され、トレーニングごとの自動ツイート設定ができます。

  • 「なし」「時間」「距離」のどれかを選択します。「なし」を選択すると自動ツイートは行われません。
    「時間」を選択すると次に指定する分ごとに通過地点が自動ツイートされます。
    「距離」を選択すると次に指定するキロごとに通過地点が自動ツイートされます。
  • 「タイトル」をタップすると自動ツイートのタイトルを設定できます。マラソン大会の名前などを入力します。設定したタイトルは自動ツイートの先頭部分に表示されます。
  • 「コース」をタップするとレースの距離を選択できます。折り返し点やゴール手前2キロ地点での自動ツイートに利用されます。
  • 自動ツイートの内容
    • スタート時の自動ツイート
    • 「時間」または「距離」を選択している場合、トレーニング開始と同時に自動ツイートされます。
      「タイトル」に”東京マラソン”と設定している場合、

      “東京マラソン スタート”

      が自動ツイートされます。

    • 通過地点の自動ツイート
    • 指定した時間または距離毎に経過時間、距離、通過地点の住所が自動ツイートされます。
      「タイトル」に”東京マラソン”と設定している場合、

      “東京マラソン 10分経過 6.82キロ通過地点 新宿区四谷三丁目を通過!”

      が自動ツイートされます。
      通過地点の住所は取得できたときのみ表示されます。住所が指定できなかった場合は、

      “東京マラソン 10分経過 6.82キロ通過地点 を通過!”

      のようになります。

    • 折り返し地点の自動ツイート
    • 「コース」を指定している場合、コースの半分の距離を通過したところで経過時間が自動ツイートされます。
      「タイトル」に”東京マラソン”と設定している場合、

      “東京マラソン 2時間25分経過 折り返し地点通過!”

      が自動ツイートされます。「コース」を「指定なし」に設定している場合、この自動ツイートは行われません。

    • ゴール手前2キロ地点での自動ツイート
    • 「コース」を指定している場合、コース距離の2キロ手前を通過したところで経過時間が自動ツイートされます。
      「タイトル」に”東京マラソン”と設定している場合、

      “東京マラソン 4時間50分経過 ゴールまであと2.00キロ地点通過。ラストスパート!”

      が自動ツイートされます。「コース」を「指定なし」に設定している場合、この自動ツイートは行われません。

カメラ撮影について(有料版のみ)

以下の手順でトレーニング中にカメラ撮影できます。撮影した写真はコメントをつけて保存でき、その場でツイートすることも可能です。

  • トレーニング中に「カメラ」ボタンをタップしてカメラを起動し撮影します。
  • 入力のボックスをタップするとキーボードが表示されコメントを入力できます。
  • 「保存する」をタップすると撮影した写真を保存します。「保存してツイート」をタップするとツイートします。ジョグボーイ上ではじめてツイートする場合にはツイッターへのログイン画面が表示されます。
  • 保存した後に「地図」をタップすると地図に写真も表示されます。
  • トレーニング終了後に起動時の画面から「写真」タブをタップすると撮影した写真が一覧表示されます。
  • 項目を選択すると写真が表示されます。
  • 横にスクロールすると前後の写真に切り替わります。右下の「記録」ボタンをタップすると撮影時の記録画面が表示されます。

音楽再生について(有料版のみ)

トレーニング中に再生するiPodやピッチ音をトレーニングごとにあらかじめ設定しておきトレーニング開始と同時に再生することが可能です。
トレーニング中に曲を変更することも可能です。

  • トレーニングごとの設定

    • トレーニング画面(起動時の画面)で選択中のトレーニング表示部分をタップするとトレーニングの設定画面が表示され、
      トレーニングごとの音楽設定ができます

    • 「なし」「iPod」「ピッチ音」のどれかを選択します。「なし」を選択するとトレーニング開始時に音楽は再生されません。
      「iPod」を選択するとトレーニング開始時にiPodから選択した曲が再生されます。
      「ピッチ音」を選択するとトレーニング開始時に指定したテンポのピッチ音が再生されます。
    • 「iPodから選択」をタップすると「全ての曲」「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「ポッドキャスト」の選択画面になります。
      ここで「全ての曲」を選択するとiPodに登録されている全ての曲が順番に再生されます。その他を選択すると、さらにそれぞれの詳細を選択する画面になります。
      そこで選択したプレイリスト、アーティスト、アルバムまたはポッドキャストの曲が順番に再生されます。
    • 「シャッフル」を「オン」にすると、選択された曲がシャッフルされて再生されます
    • 「ピッチ音」をタップすると「ピッチ選択」画面になります。100BPM~240BPMの範囲で選択します。
  • トレーニング中に曲を変更
    • トレーニング中に画面上部中央のiPodアイコンをタップすると、音楽再生のコントロール画面がポップアップ表示されます


    • 「iPod」「ピッチ音」を選択して切り替えることができます。
    • 「iPod」の場合はシャッフルのオン、オフを切り替えることができます。
    • 再生、停止、曲のスキップ、ボリューム変更ができます。
    • 「ピッチ音」の場合、曲のスキップ操作で5BPM単位でピッチが変更になります。
    • 右下の「iPod」ボタンをタップするとiPodから曲を選択できます。

トレーニング内容の保存

トレーニング終了時に運動強度やメモを入力して保存します。心拍計測のための15秒タイマーを開始することもできます。

  • トレーニング中に「終了」をタップするとトレーニング内容を保存する画面が表示されます。

  • トレーニングの主観的な強度を顔アイコンから選択します。左から右にむかって強度が高<なることを意味します。/li>
  • メモにトレーニングの感想などを記します。ツイートする内容になります。
  • 「心拍計測」をタップしてチェックのついた状態にしていると、この画面が表示されてから5秒後に15秒タイマーが開始します。
    タイマーの開始と終了時には電子音がなりますので、頚動脈などに指をあてて開始と終了の音を頼りに15秒間の脈拍を測りましょう。
    15秒タイマー終了と同時に脈拍数を入力するテンキーが表示されるので、15秒間の脈拍数を入力しOKをタップします。
    入力した値の4倍の値が心拍数として記録されます。

  • 「保存」ボタンをタップするとトレーニング記録が保存されます。
  • 「保存とツイート」ボタンをタップするとトレーニング記録が保存された後に保存内容がツイートされます。ツイートについてはツイートを参照してください。
  • 「記録しない」をタップすると確認画面が表示され、さらに「記録しない」をタップすると今回の記録は削除されます。
  • ナビゲーションバーの「キャンセル」をタップすると元の計測に戻ります。

設定

  • 起動後に画面下部の「設定」タブをタップすると設定画面が表示されます。


    「ツイート」設定については、JogNote、jogmemoとの連携についてを参照ください。
    「Googleカレンダー」については、Googleカレンダーへ追加を参照ください。

    その他の設定項目について以下に説明します。

    • Dropbox(有料版のジョグボーイのみ)

      Dropboxは無料のオンラインストレージです。

      ジョグボーイはトレーニングしたルート情報(kmzファイル)をDropboxのpublicフォルダのjogboyサブフォルダへアップロードすることができます。

      WindowsやMacにもDropboxをインストールすることで、Google Earthでトレーニングしたルートを確認できるようになります。

      • Dropboxと接続/Dropboxとの接続解除
      • [Dropboxと接続]をタップするとDropboxへ接続するための[Link Account]画面が表示されます。

        ここで、Dropboxアカウントのメールアドレス(Email)とパスワード(Password)を入力して[Link]をタップします。

        Dropboxとの接続に成功するとボタンのタイトルは、[Dropboxとの接続解除]になります。

        いったんDropboxとの接続に成功すると接続状態は保持されて再度接続する必要はなくなります。

        Dropboxのアカウントを変更したい場合は、[Dropboxとの接続解除]をタップして、接続を解除してから再接続します。

        Dropboxアカウントを取得していない場合は、Dropboxとの接続(Link Account)画面で、[Create an account] をタップしてアカウントを生成して下さい。

        または、WindowsやMacでDropboxをインストールしてDropboxのアカウントを取得して下さい。

      • 自動アップロード
      • オンにすると、トレーニング終了と同時にルート情報(kmzファイル)がDropboxのPublicフォルダのjogboyサブフォルダにアップロードされます。

    • 体重
    • 体重を入力します。カロリー計算で使用します。キログラム単位ではなくポンド単位で体重を入力する場合は、「lb」を選択してください。

    • 自動ロック
    • トレーニング開始と同時に自動的に操作をロックする場合はスイッチをタップして「オン」にします。自動的にロックしない場合はオフにします。

    • ログにメモを表示
    • ログ画面で一覧にメモの内容も表示する場合はスイッチをタップして「オン」にします。メモを一覧に表示しない場合はオフにします。

    • 距離表示
    • キロメートル単位で距離表示する場合は「km」を選択します。マイル単位で距離表示する場合は「mile」を選択します。

    • ペース表示
    • 1キロかかる分を表示する場合は、「min/km」を選択します。1時間にすすむ距離(スピード)を表示する場合は「km/h」を選択します。

    • トレーニング設定
    • トレーニングごとの設定をします。
      タップすると登録されているトレーニングが一覧されます。

      ここで設定するトレーニングをタップして選択します。

      • ラップ方法
      • トレーニング中に自動的にラップタイムをとる場合は「自動」を選択します。手動でラップタイムをとる場合は「手動」を選択します。
        「手動」でラップタイムをとるには、トレーニング中に操作ロック解除されている状態で画面をダブルタップします。

      • ラップ対象
      • 自動ラップのときに、距離と時間のどちらの単位でラップタイムをとるのか指定します。

      • 1ラップの距離
      • 自動ラップで、ラップ対象が「距離」のときにラップタイムをとる区間の距離をキロメートル単位で指定します。

      • 1ラップの時間
      • 自動ラップで、ラップ対象が「時間」のときにラップタイムをとる区間の時間を分単位で指定します。

      • トレーニングの色
      • グラフ表示でトレーニングを識別するための色を選択します。

      • トレーニングタイトル(有料版のジョグボーイのみ)
      • トレーニングタイトルを変更できます。

      • トレーニング種別(有料版のジョグボーイのみ)
      • ラン、バイク、ウォークから選択します。カロリー計算やJogNoteへツイートするときの内容に影響します。

    • 終了時の画面形式
    • 終了時にメモ入力やツイート選択できるようにするときは「最新」を選択します。
      終了時に運動強度を選択するシンプルな画面にするときは「シンプル」を選択します。

    • カラースキーム(有料版のジョグボーイのみ)
    • 画面の色を緑、ピンク、青から選択できます。

JogNote、jogmemoとの連携について

ジョグボーイで計測した距離やタイムをJogNoteやjogmemoに簡単に反映できます。 JogNoteやjogmemoをご利用でTwitterアカウントをお持ちの方は是非お試しください。

  • 設定方法を説明します。
  • ジョグボーイ起動後に画面下部の「設定」タブをタップすると設定画面になります。

    • アカウントの変更
    • Twitterアカウントをジョグボーイに設定します。
      はじめて設定する場合は、ボタンのタイトルは「ログイン」と表示され、すでに設定済みの場合は、設定されているTwitterのユーザー名が表示されます。
      このボタンをタップすると、Twitterへのログイン画面が表示され、Twitterユーザー名とパスワードを入力してログインします。
      Twitterアカウントをお持ちでない場合は、Twitterサイトでアカウント登録してください。

    • [ツイート先]をタップすると[ツイート先設定]画面になります

    • [JogNote]へツイートを[オン]にすると[JogNote]へツイートされます。
      [jogmemo]へツイートを[オン]にすると[jogmemo]へツイートされます。
      両方とも[オフ]にするとツイート先(返信先)は指定しないでツイートされます。
      [ハッシュタグなど]に入力した文字列はツイートメッセージの先頭に付加されます。
      ここにハッシュタグを入力しておくと[JogNote]や[jogmemo]へツイートする場合でも、フォロワーのタイムラインにもツイートが表示されるようになります。

  • JogNote側の設定
  • TwitterアカウントとJogNoteを連携させる設定をJogNoteのユーザー設定で行う必要があります。
    詳しくは、
    こちら
    をご参照ください。

  • ツイートされる内容
  • JogNoteへツイートする場合は、「日付」「種目(ラン、バイク、ウォーク)」「距離」「タイム」「日記」がツイートされます。

    それ以外は、「距離」「タイム」「日記」がツイートされます。

    「日記」にはJogBoyでトレーニング開始時に選択したトレーニングの名前とトレーニング終了時に選択した「運動強度」が反映されます。
    ただし、手動でツイートした場合で、JogBoyのトレーニング結果の編集画面で「メモ」を入力している場合は、「メモ」の内容が反映されます。

  • ツイートする方法
  • トレーニング終了時に「保存とツイート」をタップするか、トレーニング記録の編集画面からツイートをタップしてトレーニング記録をツイートします。

トレーニング記録の編集

以下の手順でトレーニング編集画面を開きトレーニング記録を編集します。

  1. ジョグボーイ起動後に画面下部の「ログ」タブをタップしログ一覧画面を表示します。
  2. ログ一覧画面でログを選択しトレーニング結果画面を表示します。
  3. トレーニング結果画面の右上の「編集」ボタンをタップして編集画面を表示します。
    • Googleカレンダーへ追加
    • トレーニング結果を手動でGoogleカレンダーに追加する場合にタップします。
      すでに一度追加している場合、このボタンのタイトルは「Googleカレンダーへ追加(前回成功)」または「Googleカレンダーへ追加(前回失敗)」となります。
      (前回成功)はカレンダーに追加成功して、(前回失敗)は失敗していることを示します。
      一度成功している場合は、再度追加するとGoogleカレンダーには同じトレーニング結果が重ねて追加されることになります。

    • ツイート
    • トレーニング記録を手動でツイートする場合にタップします。
      すでに一度ツイートしている場合、このボタンのタイトルは「再ツイート(前回成功)」または「再ツイート(前回失敗)」となります。
      (前回成功)はツイートに成功して、(前回失敗)はツイートに失敗していることを示します。
      ツイート失敗する場合は、ネットワークに接続できる状態か確認してください。
      一度成功している場合は、Twitterでそのツイートを削除してからでないと再度ツイートしても失敗に終わりますので注意してください。
      タップすると確認画面が表示されます。


      「ツイートします」をタップするとツイートします。(フリー版の場合は「はい」をタップするとツイートします。)
      「ルート情報もツイートします」をタップするとルート地図へのリンクをつけてツイートします。
      ルート地図ファイルはDropboxへアップロードされますので、この機能を利用するにはDropboxアカウントが必要になります。
      なお、フリー版のジョグボーイの場合は「ルート情報もツイートします」は表示されません。
      ツイートについてはJogNote、jogmemoとの連携もご参照ください。

    • PC連携

      ルート地図(kmzファイル)をメール送信またはDropbox(無料のオンラインストレージ)へアップロードできます。

      Google Earth をインストールしているWindowsやMacから、転送されたルート情報(kmzファイル)をダブルクリックすると、ジョグボーイでトレーニングしたランニングルートを Google Earth で確認できます。

      一回のトレーニングログが、一度に転送されるルート情報(kmzファイル)に対応します。ファイル名は、トレーニング開始日時になります。

      Dropboxへのアップロード先は publicフォルダのjogboy サブフォルダになります。

      ジョグボーイの[設定]の[Dropbox]で[自動アップロード]をオンにしておくと、トレーニング終了と同時にDropboxへ転送され、便利にご利用いただけます。

      • ルート情報をDropboxへアップロード(有料版のジョグボーイのみ)
      • タップするとDropboxのJogBoyサブフォルダにルート情報をアップロードします。

        ジョグボーイから初めてDropboxへアップロードするときには、Dropboxとの接続(Link Account)画面が表示されます。

        ここで、Dropboxアカウントのメールアドレス(Email)とパスワード(Password)を入力して[Link]をタップします。

        Dropboxとの接続に成功するとルート情報(kmzファイル)がアップロードされます。

        次回からは、アカウント入力の必要なくアップロードされます。

        アップロードに成功すると、ボタンのタイトルは[ルート情報をDropboxへ再度アップ(前回成功)]となります。失敗すると、[ルート情報をDropboxへ再度アップ(前回失敗)]となります。

        Dropboxアカウントを取得していない場合は、Dropboxとの接続(Link Account)画面で、[Create an account] をタップしてアカウントを生成して下さい。

        または、WindowsやMacでDropboxをインストールしてDropboxのアカウントを取得して下さい。

      • ルート情報をメール送信
      • タップするとルート情報をメールで送信するための画面が表示されます。
        宛先を指定して送信して下さい。
        送信に成功すると、ボタンのタイトルは[ルート情報をメール再送信(前回成功)]となります。失敗すると、[ルート情報をメール再送信(前回失敗)]となります。

    • メモ
    • トレーニング記録にメモを設定できます。

    • 主観的運動強度
    • トレーニング終了時に選択した運動強度を変更できます。

    • 心拍数
    • 平均心拍数と最大心拍数を設定できます。

カロリー計算方法について

消費カロリーは、
METS x 体重 x 時間
の計算式によりもとめられます。
METS の値は、トレーニングの種別(ラン、バイク、ウォーク)とスピードで決定されます。
体重は設定画面で設定した値で、体重設定していない場合(0のとき)は、60kg として計算されます。

距離計測について

距離の計測はiPhoneのGPS機能により取得できる位置情報から計測されます。
そのため、屋内などGPSによる位置情報を取得できない場所や、精度の低い位置情報しか取得できない場所の場合、
距離計測ができなくなります。

ライセンスについて

以下のアイコンやコードを利用しています。

iPod Touchについて

iPod TouchにはGPS機能はなくジョグボーイは利用いただけない点ご注意下さい。

ジョグボーイ フリーについて

「ジョグボーイ フリー」は「ジョグボーイ」の機能制限版の無償バージョンです。
「ジョグボーイ」との違いは主に、広告が表示される点、ログの保存件数が20件までに制限される点、ルート地図を自動的に公開できない点、カメラ機能が利用できない点になります。
「ジョグボーイ」は350円でアップストアからご購入いただけます。
「ジョグボーイ フリー」で記録したログは「ジョグボーイ」へ簡単に引き継げますので、是非フル機能の「ジョグボーイ」をお試しください。
「ジョグボーイ フリー」をお使いの場合、たまに広告をしていただけるとうれしいです。

本製品への問い合わせやご要望はこちらへご連絡ください。
カテゴリー: アプリ   パーマリンク